×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

# 百景

小谷山実宰院


△ 実宰院(長浜市平塚町)


△ 実宰院表門(小谷城裏門が移築されたものと伝わる)


△ 昌安見久尼の墓(右)と浅井三代五十年忌供養塔(左)


概略

元は鎌倉以前に創建された実才庵といい、天台宗に属する寺院でした。その後、曹洞宗となり小谷山(しょうこくさん)実宰院と改められた。
その後、無住となっていたこの寺に久政の長女阿久姫(昌安見久尼)が入る。
昌安は小谷落城時、茶々姫ら姉妹とお市をかくまったとも伝わります。実際茶々姫との縁は浅からぬものがあったようで、後年秀吉からは寺領を賜り、また昌安の木像は茶々姫自身の寄進によるもの。

その他、実宰院の詳細については昌安見久尼の頁を参照ください。


前画面に戻る