×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

# 史料

天正十六(1588)年

※ []内は茶々姫の居場所

この年
秀吉(「秀吉公」)、母大政所(「御老母」)の病平癒祈願のため近江多賀大社に一万石を寄進する。 慈性日記抜書(寛永元年)
十月〔聚楽第→茨木城〕
五日 秀吉、侍女いわ宛の書状で茶々姫を八日夜に茨木城まで寄越すようにお寧へ伝える。 『太閤書信』六三、福田『淀殿』
八日 五つ時(夜八時ごろ)、侍女(孝蔵主もしくは茶阿局)に付き添われ、摂津茨木城に入る。 『太閤書信』六三、福田『淀殿』


前画面に戻る