×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

# 百景

凌霄山常高寺


△ 常高寺(小浜市)

概要

夫京極高次の没後、初は小浜の地に槐堂和尚を開山として迎え常高寺を建立した。 高次の菩提を弔うため、といわれているが、そのほかに父母である浅井長政・お市の方を弔うためとも言われている。

初は江戸の京極屋敷で生を終えるが、常高寺に葬られるように遺言を残しており、その通りに遺体は小浜に運ばれた。 今でも初の墓は後瀬山の墓所で七人の侍女に囲まれている。


△ 常高院墓所


△ 常高院七侍女墓所(初の墓の向かいに並んでいる)

淀姫蓮


△ 淀姫蓮

常高寺の庭園に咲く蓮の花は、伏見城から送られたと伝わる。 「淀姫蓮」の名前の由来は、茶々姫が伏見城にいたころ初に送られたものか、もしくは茶々姫が住んでいた西の丸に咲いていた蓮なのか…詳しくは伝わらない。


前画面に戻る