×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

# 百景

浅井家侍女の墓(北野町)


△ 浅井家侍女の墓(長浜市北野町)

五輪塔形状の墓石で、「盛」「秀」「禅定尼」「元亀四癸酉年」「四月四日」などの文字が刻まれている。
元亀四年(1573)は天正元年と改元された年で、浅井長政の籠る小谷城が織田信長に攻められて落城した年でもあるので、この墓石は小谷城から逃れてきた浅井家の侍女の墓であるとする伝説がある。
『信長公記』によれば、小谷城が落城したのは九月一日であり、四月四日はそれよりも前になるのだが、江戸時代に記された地誌『淡海国木間攫』には「浅井長政北ノ方ノ墓ナリト」と図入りで記されており、昔から浅井家とのかかわりが指摘されてきた墓石である。(解説碑文より)

概要

…now writing…


前画面に戻る