×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

# 近江浅井氏

岡崎安休

生年: 天文十二(1543)年
没年: 元和二(1616)年六月十六日

諱: 綱政
法名: 安休
姓:富樫→岡崎



父:浅井久政
母:本願寺顕如乳母(後に法仙房祐尊妻、浅井一族とも)

養父:法仙房祐尊(広済寺住職)

妻: 駒井実任女

子女:

  • 岡崎利忠
  • 武佐(三木仁兵衛之次室) …「侍従」の名で朝廷に仕える。感の死後、水戸頼房、頼房と側室谷氏との子松平頼氏・光圀の姥。
  • 感(樹珍室) …水戸頼房の乳母
  • 阿佐
  • 薩摩(東福門院仕)

  • 略歴

    久政が阿古を妻に迎える以前、を久政の閨教育をになっていた侍女を母に生まれたといいます。 その母は阿古が輿入れする際、尼子馨庵の保護のもと、久政の奥を退き一向宗本願寺へ赴き、後の本願寺光佐(顕如)の乳母となりました。
    安休は成長後、本願寺の安定に奔走し、晩年は徳川家康と入魂になったそうです。

    (参考文献)
    戦国の近江と水戸―浅井長政の異母兄とその娘たち (別冊淡海文庫 (4))

    略年表

    …工事中…


    前画面に戻る